<< クラブワールドカップ | main | クラブワールドカップ >>

ミラン1-0浦和

浦和はよくやったと思う。

しかしまあ何というか、絶対ミランから点は取れそうにもなかった。

ミランの方は来日第一戦ということもあってか慎重に試合を進めていた感じで、特に前半は浦和にボールを持たせてある程度攻めさせつつも肝心なところではキッチリと締めていた。

まあ実際はそこまで言うほどの余裕はなかったかも知れないけれど、総じてミランは自分たちの立てたゲームプランの範囲内で90分を戦ったと思われる。浦和が決勝に進出するにはPK戦まで頑張らないと無理だったかなあという感じ。点差以上に実力差は感じられたがそれは当たり前の話。

それでもよくやったよ。ミラン相手にあそこまで戦えるなんてスゴイよ。ホント。

そんなわけで日曜日の決勝戦はボカvsミランとなった。4年ぶりの黄金カードだ。今日は試合中ついついレッズがんばれなんて気持ちになった瞬間もあったけど、ホントに浦和が頑張っちゃって勝ってたりなんかしたらこのカードは観られなかったわけで、これを観たいがゆえに大枚はたいて決勝はカテ1買ったんだからガッカリするところだった。

ちなみに今日はカテ3だったが、断幕が邪魔だったから無理な姿勢で観ていたおかげで太ももの裏が筋肉痛だぜ。第三者的にお茶でも飲みながらまったり観たかったのに…。

日曜はどっちが勝つかな。4年前はPK戦まで行ってボカが優勝ってことになったんだが、今年はどうなることやら。

うぅ〜楽しみだー。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
recommend
犬と、いのち
犬と、いのち (JUGEMレビュー »)
渡辺 眞子,山口 美智子(写真),石黒 謙吾(構成)
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM