<< 五輪出場決定 | main | 長く厳しい冬が来る >>

ビーグル万歳

3日前から夜になると胃が痛くなってくる。今も痛い。どうしたもんかね。

一昨日の晩などは痛みで一時間おきに目が覚めるほどだったが、日に日に軽くなってはいるのでまあ大丈夫かなと思っているのだけれど、歳を取るとこうしたものって何か重大な病の前兆みたいなものなのかな、などとちょっと思ったりもする。でも今は死ねないなぁ。犬たちすべての面倒を見終えるまでは死ねない。

人の子だったら身寄りがなくても世間がどうにか面倒を見てくれるだろうけど、犬じゃそうはいかない。「飼い主がいなくなった→愛護センター送り」ってな可能性も充分あるわけで。チビたちはようやく4歳になったばかり。こっちもまだあと10年ぐらいは生きないと。もはや生きる意欲はそれほどないけど生きる気力はある、そんな今日この頃犬関連の面白いコピペを見つけた。


飼い主:「誰か新聞とってきて〜!」

Gレトリーバー:「はーい!天気も良いし気分も良いし、新聞運びにはもってこいの日ね!」

Gシェパード:「私におまかせください。で、どこを通ればいいのでしょうか?」

ラブラドールレトリーバー:「ハイったらハイ! 僕!僕!僕にやらせて! いい? いい?ほんと? ウハウハ! もう最高!!」

バセットハウンド:「まだ昨日の新聞をとりに行く途中なんだよ」

ダックス:「と、とどかない...」

ポインター:「新聞はここ! ここなんだってば!!」

セッター:「今、新聞を追い出すからね...」

シーズ−:「ダッコしてポストまで運んでよ」

バーニーズ:「もっと重いものないの?」

ハスキー:「ついでに旅に出たいんですけど...」

ヨーキー:「あらやだ、コートが汚れるじゃないの。ボーダーコリーさん、悪いけど代わりに行ってくださるぅ?」

グレイハウンド:「逃げない奴にゃ興味無いね」

ニューファン:「泳がない奴にゃ興味無いね」

ビーグル:「新聞? 新聞って何? それって食べられる? ごほうびは?他のやつらじゃダメでしょ? やっぱ狩猟犬だよね!え?え? 誰がうるさいって?」

バセンジー:「・・・」

サモエド:「・・・」(ニコニコ)

セントバーナード:「あ,食べちゃった...」

ボルゾイ:「余はそのようなくだらぬ用にかかわりを持たぬ」

マスティフ:「俺に指図するたぁいい度胸じゃねえか」

グレートデン:「皆の衆,新聞を取りに行くのじゃ」

Bコリー:「近所の新聞も集めといたよ!」



猫:「いや」



ねこがオチなんだろうけどビーグル飼いとしてはまさにこんな感じでワラタ。ヤツらは食べることしか考えてないもんなー。「食べるために生まれてきました」という生涯のテーマが単純明快で潔いというか清々しささえ感じる。

良い子なんだけど普段から何かいろいろ考えてそうなゴールデンやコーギーには時折「あの子は今の生活に満足してるんだろうか?」なんて思ってしまうのだが、ビーグルにはそんなことを飼い主に思わせない底抜けの明るさがある。要するに食べること以外は何も考えてないんだが。飼ってて疲れない犬、それがビーグル。



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
recommend
犬と、いのち
犬と、いのち (JUGEMレビュー »)
渡辺 眞子,山口 美智子(写真),石黒 謙吾(構成)
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM