<< 千葉3-2東京 | main | 川向こうの敵 >>

横浜巡業


横綱の綱締め実演

九月場所に行けなかった代わりというわけでもないが横浜の巡業を観に行ってきた。閉鎖社会の弊害が次々と明るみに出て目下大騒ぎの角界というイメージだが、会場はさほどぴりぴりした雰囲気でもなかった。

本場所とは違い会場のそこかしこに力士がいてファンサービスしてもらい放題で、自分も贔屓の安馬や豊真将、岩木山はじめ数人の力士にサインもらって満足。

北桜は噂どおりファンサービス満点で、控え室に籠もることなく会場の隅でパイプ椅子に腰を下ろして延々とサインや記念撮影をこなしつつ気さくにファンと語らっていた。その近くで恐そうな露鵬も出番直前の花道に控えている時でさえサインしてるのを見て少々驚いた。

まあさすがに横綱大関や高見盛といった人気力士たちはちびっ子たちが群がっていて、大きなお友達がそれを押し分けてサイン貰うっつーのあんまりなので自重。

そんな中、渦中の時津風部屋の豊ノ島は浮かない表情をしていた。館内のゆるーい雰囲気の中でもしょんぼりしたというか力ない感じで、終始うつむき気味。日頃は明るそうなだけにお気の毒である。ろくでもない親方を持つと弟子も苦労するわな。

出口ではテレビ局がファンにコメントを求めていた。件の騒ぎについての話なんだろうが、そろそろマスコミの報道ぶりにも辟易していたので「日テレなんですが…」とマイクを向けられたけど断った。使われるにしたってTBSほどじゃないだろうがどうせ切り貼りで都合の良いように利用されるだけだもんなー。


それにしても今日行ってみて巡業の、本場所では味わえないゆるい雰囲気がかなり気に入った。国技館で本場所やるせいか首都圏ではあんまり巡業やらないんだがこれからも機会があったら行ってみたいものだと思いつつ会場を後に。

ま、今日は好い日でありましたよ。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
recommend
犬と、いのち
犬と、いのち (JUGEMレビュー »)
渡辺 眞子,山口 美智子(写真),石黒 謙吾(構成)
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM