<< 自転車day | main | モンテネグロ戦 >>

千秋楽



今場所は千秋楽に行ってきた。かつてほどの人気はなくなったと言われていても楽日はさすがに人気があり、先月初めの発売日は枡席が数分で売り切れて他の席もすぐに完売していた。

今場所は白鵬の綱取り場所と言うこともあってチケットを買った時は朝青龍との全勝対決を期待していたものの、横綱がここまで四敗という予想外の展開で優勝は昨日白鵬に決まってしまい、結びは「消化試合」となってしまったが、それでも横綱の意地もあって大相撲となった。

結果は朝青龍が負け白鵬の全勝優勝。綱取りは事実上決まったが、このまま黙っている横綱でもあるまい。腕の怪我を治して来場所は捲土重来を期するはず。七月場所も楽しみだ。九州と並んで客の入らない名古屋で興行せず、いっそ国技館でやってもらいたいところである。東京で四場所、大阪で一場所、あとは九州と名古屋で隔年開催にすればいいのに。

まあそれはともかく今日は協会挨拶や三役そろい踏みといった千秋楽ならではの行事も見られて面白かった。テレビ中継は表彰式の途中で終わってしまうが、あの後もさまざま表彰があってその後は三賞の表彰、出世力士の手打ち式とあって最後は神送りの儀式をもって場所はすべて終了となる。やはり相撲は神事なのだなあということを再認識した。

帰る途中に安馬と安美錦を見かけた。安馬はファンにもみくちゃにされながらも数人にサインしていた。国技館を出るのがもう数十秒早かったら自分もサイン貰えたかもしれない。残念ー。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
recommend
犬と、いのち
犬と、いのち (JUGEMレビュー »)
渡辺 眞子,山口 美智子(写真),石黒 謙吾(構成)
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM