<< 決勝戦 | main | 10日間 >>

あと4年

ワールドカップは終わってしまったのねー。

今夜の試合は何だったっけ?なんて考えることもないわけか…などとさっき決勝戦の再放送を観ながらそんなことをしみじみ思ってしまった。

やっぱり生で観たチームにはシンパシーを感じるものらしく試合終了直後に書いたのはフランスのことばかりだったが、優勝したイタリアについて言えば、今回一番上手く7試合を勝ち抜いたという感じ。

戦術よりも戦略を重視していたかのように見えた。一局面よりも90分ないし120分を見据え、一つの試合よりも決勝までの7試合を見据え、手を抜くところでは抜くけど、抜いちゃ行けないところでは絶対抜かない。そういうところが飛び抜けて優れていた。

今大会良かった選手は?と考えればカモラネージ、ガットゥーゾ、ザンブロッタ、ピルロにグロッソ、カンナバーロ…と次々に上がってゆく。ああそれとブッフォンも忘れちゃならねぇ。全員が守り全員で攻める。だから逆に言えば大会のMVPは?ということになっても一人に絞れず「じゃあジダンで」ということになったのかも知れない。

イタリアほどの実力を持ってそれだけ好調な選手が多くてしかもリッピが監督となれば優勝するわな。…と後から考えればいくらでも優勝する要素は見つかるわけだ。これでもし負けてれば「やっぱりユーヴェの八百長問題が…」っていう理由付けになるんだろうな。あはは。


さて今回の大会だが、一言で「楽しかった」。自分が2週間現地に行っていたこともあって、これまでで一番のめり込めた。4年前も生で観たことは観たけど、今思えば所詮分催っていう意識があったし、試合も凡戦だらけだったし良いカード少なかったしで今回の楽しさにはほど遠かった。

開催国がヨーロッパだったというのも大きかっただろう。やはり歴史があるから酸いも甘いも知り尽くしているわけで、それゆえに楽しませ方も知っているのだ。

自分が生きている間にもう一度自国開催して欲しいな。今度は余計な邪魔が入らない単独開催で、と思うことはよくあるけど、こうしてみるとヨーロッパでやるのが一番良いのかも…と残念ながら思わざるを得なかった。

次回は南アフリカの予定。自分が行くことはあまり考えていないが、この先生きている間に観られるのなんてあと10回もないのだから良い大会になればいいな、と思っている。

さああと4年。何を楽しみに生きていこう。



とりあえず来週再開するJ1だな!中断中のキャンプでウチはどこまでパフォーマンスが上がったことやら。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
recommend
犬と、いのち
犬と、いのち (JUGEMレビュー »)
渡辺 眞子,山口 美智子(写真),石黒 謙吾(構成)
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM