<< 東京ドーム | main | ブラジル敗退 >>

アルゼンチン負けた

一番面白い準々決勝が始まった。

日頃は特別好きなわけでもないのだが、セルビア・モンテネグロをボコボコにしたりオランダ相手に遊んだりと、実際にこの目でその強さを見ただけにアルゼンチンにはゼヒとも決勝まで進んでもらいたかった。で、ブラジルと戦う、と。

かなり強烈な眠気をこらえながら見ていたので確かとは言えないが、どうも後半になって判定がドイツより臭いなぁというときがちょくちょく見られるようになって萎え。ま、開催国贔屓といっても前回ほどひどくないけどさ。

国自体は今回の旅で気に入ったけど、西ドイツ代表の頃から見てて面白くない試合をするチームだから今回もベスト8止まりでサヨナラしてもらいたい気分でいっぱいだったのだが、勝っちゃったのねぇ…。

皮肉なもので、この試合中終始襲い続けていた暴力的な眠気は試合が終わった途端、雲が晴れるかのごとくぱあっと消えてしまった。おかげで録画で見ようと思っていたイタリアvsウクライナをリアルタイムに見られたわけだが、イタリアの楽勝だろという予想通りの展開だったため、むしろ裏でやっていたウィンブルドンの方が見てる時間は長かったな。

初出場でベスト8。ウクライナはよくやった。組み合わせに恵まれた観はあったけど、スイス相手に1点も入れさせないのだからシェフチェンコ頼みのサッカーというわけではなく、守備も決して悪くはなかったということだ。スペインに4失点、イタリアに3失点は仕方ない。要は勝てる可能性の高い相手にはキッチリ勝つ、ということがちゃんと出来ていたからこの結果に繋がったわけだ。

どこぞの代表はメキシコだとかポルトガルだとかスペインだとか、そんな超一流ではなく、こういうチームのやり方を当面の目標にしないと。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
recommend
犬と、いのち
犬と、いのち (JUGEMレビュー »)
渡辺 眞子,山口 美智子(写真),石黒 謙吾(構成)
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM