<< 糞席 | main | クリスマス >>

圧巻 (マンチェスター・ユナイテッド1-0リガ・デ・キト)



リガ・デ・キトには失礼かもしれないが順当にマンUの勝ち。1-0という得点以上に地力の差はあったと思う。守りが堅いったらないわ。あれじゃあ何分やってもゴールは割れないだろうと思った。プレミアで無失点が続いているのも納得した。

長距離移動直後に加えて時差ボケもあったろうけど3日前のガンバはよく3点も取ったよ。5点取られはしたが。

スターシステムどっぷりの日テレは大会前からクリロナクリロナ一辺倒の報道でウザイことこの上なかったが、今年はルーニーの大会となった。今日ゴールしたからと言うわけではなく一番本気で戦っていたし、コンディションもばっちりに見えた。フィジカルにものを言わせたもっと直線的なプレーをするイメージがあったけど、しばらく見ない間に昔とは比べものにならないほど上手になっていた。良い選手になったなあと今更ながら思った。

ひどい席だったことを忘れるほどに良いものを見せていただきました。結婚式サボった甲斐もあったというものだ。なんて。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
recommend
犬と、いのち
犬と、いのち (JUGEMレビュー »)
渡辺 眞子,山口 美智子(写真),石黒 謙吾(構成)
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM