<< 本棚 | main | 仙台 >>

#07 再開と離別と

前回のラストからの続きでルイスが搭乗しているとは夢にも思わず突っ込んでくるGN-Xに砲口を向けて照準を合わせる沙慈だが、人を殺すことに逡巡して引き金を引けず「僕はぁぁぁぁ!!」

で、結局撃てず。

まあそうだよな。
ここで撃っちゃったら物語がある意味終わってしまうもんな。

隣で一部始終を見ていたイアンのおやっさんはがっくりしている沙慈を見て

「撃てなかったか…。いいさそれで」と一言。

有能な働き者で気さくでちょいエロで人間通…ってこんなオッサンにオレはなりたいわ。ツインドライヴが不安定だからトランザムモードは使うなよとあれほど言っておいたのに(やむを得ないとはいえ)使って案の定壊してしまった刹那にも怒らないし。優しすぎ。あそこはもうちょっと怒っても良いと思うぜおやっさん。


ミスターブシドーの振る舞いは無いわ。敵をやっつけるかやっつけないかは完全に自分の判断て、軍隊という組織を根底から覆す行為は見ていてあり得なさ満点でどん引き。ファーストシーズンでは4機のガンダムに対して800機以上のモビルスーツを投入しての作戦に違和感を感じつつもあえて私情を殺し上層部の命令に従い作戦を遂行させる、という自覚があったのに、そんな矜恃は名前とフラッグと共にすっかり消し飛んでしまったらしい。この設定って下手するとドラマそのものをダメにする危険性もあるんじゃないかな。

さて今回のメインはアレルヤとソーマ(マリー)のエピソードが取りあえず一段落という話。マリーが主人格を取り戻して31話に及ぶひとつの物語が終わった。ソーマとしての人格がまったく失われたわけではなく、下位人格として記憶はしっかり残っているというのが物足りないが、まあそれはおいといてよかったのうよかったのうおっちゃんも嬉しいわーと思う反面、きっと悲恋なんだろうなあという予想も容易に出来るところが哀しいけどな。自分としてはきりっとしたソーマも良かったけど優しそうなマリーに心惹かれる。しかしフェルトとかソーマとか、自分の好きなキャラはみんなチューするよなー、なんだかなー。それにしても部下としてより「娘」としての幸せを願いアレルヤにソーマを托したセルゲイ大佐はかっこよすぎ。オレも抱きつきたかった…。

さーって次回のダブルオーは噂のパーティーの回。あの女装はティエリアなんだろうか。だとしたらなんで胸に谷間があるんだ?

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
recommend
犬と、いのち
犬と、いのち (JUGEMレビュー »)
渡辺 眞子,山口 美智子(写真),石黒 謙吾(構成)
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM