<< #03 アレルヤ救出作戦 | main | #04 戦う理由 >>

勝ち切る意志 (FC東京3-2鹿島)

王者鹿島と互角に渡り合って勝ち切るなんてすごいじゃないか、と手放しで褒めたくなるような試合だった。「勝つ」という統一された意志のもとで全員が必死で90分間自分の義務をしっかりと務めた素晴らしい試合だった。さすがに相手が鹿島なだけに危険な場面は数々あれど、それをカバーして有り余る強い心で勝ち切った。うーん、実にしびれた。

前節、連敗したことで優勝争いからは遠のいた観があったが、今日の勝利でまた少し望みが出てきた。残り4試合で首位との差は勝ち点5。厳しい差ではあるが望みを捨てるには惜しい差でもある。取りあえず次節のガンバ戦アウェイに全力で臨もうってことで。



今日は一年一度のAJINOMOTO Day。恒例のアジパンダが愛嬌を振りまいていた。

そういえば少し前に告知していたウチのチームマスコットの件はどうなったことやら。微妙なのが選ばれるくらいなら今みたいにちょくちょくいろんなマスコットを呼ぶ方が良いと思うわ。ちなみに下のは先日大分で見たトリニータのニータン。亀のマスコットってあまり聞かないが割と可愛かった。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
recommend
犬と、いのち
犬と、いのち (JUGEMレビュー »)
渡辺 眞子,山口 美智子(写真),石黒 謙吾(構成)
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM