<< 対応の差 (大分1-0FC東京) | main | 勝ち切る意志 (FC東京3-2鹿島) >>

#03 アレルヤ救出作戦

前回もそうだったけど刹那って、失敗を恐れて頑なに仕事復帰を拒むスメラギさんに「(アンタの作戦で失敗しても)後悔はしない」の殺し文句一言で翻意させちゃうんだから凄い口説き上手だ。やはり見習いたいもんだとしみじみ思ったが、一言で相手をぐらりとさせてしまうってのは普段から余程深く人を見てなければ出来ない芸当だわなぁ。自分にはとても無理っぽい。


さて今日は一話の中で計画の立案から実行までがバランス良くまとまっていて出来の良い回だった。救出が成功して3機のガンダムが虹をバックに戦場を脱出するシーンはシリーズ屈指の美しいシーンだった。しかし今回一番萌えたのはアレルヤと共に救出されたマリナがダブルオーのコックピットで心細げな表情を浮かべているところでしたな。ああいう表情はタマランね。携帯の待ち受けとかPCの壁紙にしたい気分だったっすー。

散り散りになったメンバーも戻ってきたし、これで序盤は終了ってところかな。ファーストシーズンはキャラクターがそれぞれの組織や立場から外れて動くことがなかったけど、セカンドシーズンはいろいろと異動が激しいっぽいのでどんな意外な動きがあるのかも楽しみではある。

ソーマ・ピーリスの本名がマリー・パーファシーだと明らかになった今回。忘れてしまった自分の名を告げられた瞬間、フラッシュバックしたシーンが観てて結構つらかった。大人に保護されるべき幼児が「最高の兵士を作るため」という目的で大人たちに非人道的な実験を繰り返されているという設定が何とも陰鬱。すがるべき存在がいない状況下で、命を落とす可能性もあるような実験を否応なく受けさせられた子供たちはどんな精神状態になるんだろうか、とかいろいろ考えるとたかがアニメにかなりへこむってのは、自分も今あんまり良い精神状態ではないからだろうな、きっと。


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
recommend
犬と、いのち
犬と、いのち (JUGEMレビュー »)
渡辺 眞子,山口 美智子(写真),石黒 謙吾(構成)
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM