圧巻 (マンチェスター・ユナイテッド1-0リガ・デ・キト)



リガ・デ・キトには失礼かもしれないが順当にマンUの勝ち。1-0という得点以上に地力の差はあったと思う。守りが堅いったらないわ。あれじゃあ何分やってもゴールは割れないだろうと思った。プレミアで無失点が続いているのも納得した。

長距離移動直後に加えて時差ボケもあったろうけど3日前のガンバはよく3点も取ったよ。5点取られはしたが。

スターシステムどっぷりの日テレは大会前からクリロナクリロナ一辺倒の報道でウザイことこの上なかったが、今年はルーニーの大会となった。今日ゴールしたからと言うわけではなく一番本気で戦っていたし、コンディションもばっちりに見えた。フィジカルにものを言わせたもっと直線的なプレーをするイメージがあったけど、しばらく見ない間に昔とは比べものにならないほど上手になっていた。良い選手になったなあと今更ながら思った。

ひどい席だったことを忘れるほどに良いものを見せていただきました。結婚式サボった甲斐もあったというものだ。なんて。

糞席



マンチェスターユナイテッドだし来年は日本でやらないし、ということでカテ1を買ったところバックスタンド1階の2列目というひどい席をあてがわれてしまった。これだと手前のタッチライン際での攻防は完全に広告看板に隠れてしまう。

まあチケットを送られてきたときから覚悟していた想像通りの糞席だが、日産なんてどこでも糞席だから仕方ないか(諦)


でも従弟の結婚式サボって観に来たんだからせいぜい楽しみますよっと。

nike




来月はいよいよEURO2008。ワールドカップよりも「捨て試合」が少ないおかげでまた寝不足の日々が続きそうである。

こうした大きな大会の前には必ず面白いCMを打ってくるのがnikeとadidasだが、今回はnikeのが面白かった。サッカー好きならわくわくする内容。こういうの見ると今更ながらサッカー選手になりたい〜と思うわなぁw


ミラン優勝



さすが疫病神が応援しただけのことはある。ボカ大敗。ははははは、ごめんねボケンセ。地球の裏から来たのに気の毒なことをした。

つーかミラン強すぎだろ。これで目下セリエAで11位ってのが信じられない。Jで言ったらウチとか名古屋程度ってことだぞ。まあそのうちぐいぐいと上がってくるとは思うけど、これで危うかったアンチェロッティの首はしばらく繋がったなあ。

しかし我ながらこの疫病神っぷりは大したものだな。来年は中日とレッズをフルパワーで応援しようかしらん。なんて。



クラブワールドカップ

今日は3決と決勝戦。3決は16:30からだと思ってたら16:00からだった。でへへ。

まぁ目当ては決勝だからな。

今日は軽くボケンセになってボカを応援するですよ!南米3連覇目指してガンバレ。


ミラン1-0浦和

浦和はよくやったと思う。

しかしまあ何というか、絶対ミランから点は取れそうにもなかった。

ミランの方は来日第一戦ということもあってか慎重に試合を進めていた感じで、特に前半は浦和にボールを持たせてある程度攻めさせつつも肝心なところではキッチリと締めていた。

まあ実際はそこまで言うほどの余裕はなかったかも知れないけれど、総じてミランは自分たちの立てたゲームプランの範囲内で90分を戦ったと思われる。浦和が決勝に進出するにはPK戦まで頑張らないと無理だったかなあという感じ。点差以上に実力差は感じられたがそれは当たり前の話。

それでもよくやったよ。ミラン相手にあそこまで戦えるなんてスゴイよ。ホント。

そんなわけで日曜日の決勝戦はボカvsミランとなった。4年ぶりの黄金カードだ。今日は試合中ついついレッズがんばれなんて気持ちになった瞬間もあったけど、ホントに浦和が頑張っちゃって勝ってたりなんかしたらこのカードは観られなかったわけで、これを観たいがゆえに大枚はたいて決勝はカテ1買ったんだからガッカリするところだった。

ちなみに今日はカテ3だったが、断幕が邪魔だったから無理な姿勢で観ていたおかげで太ももの裏が筋肉痛だぜ。第三者的にお茶でも飲みながらまったり観たかったのに…。

日曜はどっちが勝つかな。4年前はPK戦まで行ってボカが優勝ってことになったんだが、今年はどうなることやら。

うぅ〜楽しみだー。

クラブワールドカップ



今日は準決勝なんだけどチケット買った数ヶ月前はミランvsレッズなんて予想もしてなかったわ。

2F最前列なんだけどレッズの段幕邪魔で観えねー。



J2



新聞屋からチケットをもらったのでヴェルディ×ベガルタ仙台戦を観てきた。確かに客は少なかったものの、それでも1万人は超えていたから閑古鳥が鳴くと言うほどではなく、ちょっと期待はずれ。一番の目当てだった名波はベンチからも外れて残念だったが、服部、廣山、土屋といった顔ぶれは元気そうでなにより。

ベガルタはJでも屈指の熱狂的なサポを持つチームとあってゴール裏もJ2にしてはずいぶん集まっていて、声もよく出ていた。以前からちょっとしたベガルタ贔屓な自分としてはぜひとも来年はJ1に復帰してもらいたいものだと思った。

試合は2-1でヴェルディの勝ち。ところどころで目を引くプレーがあったものの、全般的にはぬるくてどちらのサポでもない自分にはちょっと退屈で久々に観てて眠くなった。悪いけど。

ただ、2ゴールを挙げた廣山のプレーはなかなかのもので、特に1点目の飛び出しは素晴らしかった。ジェフを半ば強引に飛び出して海外クラブを渡り歩き、セレッソを経て去年からヴェルディに加入した男がようやく居場所を見つけたかな、と少し安心した。このまま埋もれさせるには惜しい存在なだけに。

服部は相変わらず上手い。ああいう落ち着いたプレーでチームを支えてくれる選手はJ1のチームだっていくらでも必要なはず。どうしてジュビロは引き留めなかったんだろうと不思議でならない。

こんな廣山や服部が来てくれるなら大歓迎…と言いたいところだが、ウチは選手だけは良いのがいるんだよなー。必要なのはそれを活かす首脳陣で、監督は原さんでも良いけど優秀な副官がぜひとも必要だと最近は思っている。浦和のエンゲルスみたいな人材、どっかにころがってないかな。

ウチは明日日本平で清水戦。一昨年は大連敗から立ち直るきっかけとなった辛勝だったが、去年は良いところ無く負けてしょんぼり帰ってきた憶えがある。今年はこれまで以上に切実な状況だし、勝たないとかなりヤバイ。明日を含め浦和、甲府、鹿島と続く今月の4連戦は正念場。各員一層奮励努力せよってZ旗でも揚げたいところだ。

トヨタカップ終了



今年も南米代表が勝った。試合前はなんとなくバルサが勝つような気がしたんだが、いざ始まってみるとロナウジーニョがボールこねまくりなのを見て今日はダメだと思った。勝てるとしたらPK戦までもつれ込まないとムリだなと思った。

日頃Jを見慣れてるから時々こういうハイレベルな試合を観るとドキドキしてピリピリくる。徳永はザンブロッタの動きを見てよーく学んで欲しいとしみじみ思った。あと、イアルレイは是非ウチにwww。ルーカスととっても合いそうな気がするんですけど。

今年の生観戦もこれで終わり。今日の2試合を足して53試合観たことになるが、締めにふさわしい見応えのある好ゲームだった。バルサが負けたのは不運でも何でもなく、単に今日のインテルナシオナルが相手よりもパワフルでスピーディーでスキルフルで強かった、それだけのことだ。

しかし寒いな〜。携帯のキー押してるだけで指が動かなくなりそうだ。



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
recommend
犬と、いのち
犬と、いのち (JUGEMレビュー »)
渡辺 眞子,山口 美智子(写真),石黒 謙吾(構成)
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM